会社訪問として【FM OH!スタジオ見学】

   

先日、社会見学の一環として、いつもお世話になっている『FM OSAKA(FM OH!)』の
スタジオ見学を実施いたしました。

FM OSAKAは、UFOのような外観でおなじみの「湊町リバープレイス」内にあります。

 

スタジオは放送の中心的な場所で、FM OSAKAには7つのスタジオがあります。

主に生放送に使用するAスタジオ、Bスタジオの他、録音番組を作るスタジオ、
編集を行うエディットスタジオなどがあります。

実際にオンエア中のスタジオを見学させていただいたのですが、
DJや他のスタッフの方々の緊張感がひしひしと伝わってきました。

スタジオは、DJやタレントの方が話すためのマイクの置かれた「ブース」と、
制作スタッフ等が機器の操作や各種調整を行う「副調整室(通称:サブ)」の2つに分かれています。

「調整卓(ミキサー卓)」、DAW、CDプレイヤーやMOディスクプレーヤー、DAT、
各種コンバータやエフェクター、スピーカー、電話機などがあります。

今回は通常なかなか入ることのできない実際の番組の収録、CMの収録の仕事現場を、
特別に制作スタッフ様のごく間近で見学させて頂きました。

制作スタッフとDJの方、ナレーションの方との進行についてのやり取りや、
目にもとまらぬ速さでの機器操作を見ていると緊張感はピークに!

 

利用者の皆さんは初めて目にするものが殆どで次々と質問が飛び交いました。

 

「収録中に副調整室(サブ)室での話し声や物音をスタジオブース内でのマイクで
拾ってしまうことは無いのでしょうか?」

「カフキー(スタジオブース内で司会者の手元でマイクの音声をON/OFFする操作キー)と
サブルームの音声のラインレベル入出力の連動についてはどうなっているのでしょうか?」

 

といった専門的な質問も出ましたが、様々な質問に対して、
制作スタッフの方は一つ一つ丁寧にわかりやすく説明してくださいました。

 

今回は利用者の皆様も楽しみながら社会見学ができ、たいへん満足されたご様子でした。

今後もFM OSAKAだけでなく、このような見学をヒューマンネットとして
どんどん実施していく予定ですので乞うご期待!!

 


スタジオ内で記念撮影

 お問い合わせはこちら

 - ニュース関連, 事業所風景